千葉工場内に火力発電所建設

千葉工場では9月11日、「市原火力発電合同会社」の設立に伴って従業員への説明があった。多くの参加者があり活発な質疑が行われた。火力発電所建設には余剰となる5万KL以上のタンクを10基撤去することが必要であり、2019年から火力発電所の建設を始める計画だ。

全文を読む