企業を超えた石油関連労働者のネットワーク

はじめに

  • HOME »
  • はじめに

全石油ゼネラル石油労働組合とは

1965年、ゼネラル石油精製㈱で従業員会をもとに組合を結成した。川崎と堺に製油所があり、とりわけ稼動したばかりの堺はエクソン流の熱効率のいい新鋭(ヒートインテグレート型)製油所は要員不足や事故が続き、安全闘争や要員闘争を取り組んだ。またその当時のベトナム反戦運動などに刺激され、若い組合は活発化した。70年春には川崎支部長が解雇され、その解雇撤回と春闘で火止めストに。当時、「コンビナートの反乱」といわれたが、暴力ガードマンの導入、ロックアウト、組合分裂、分割就労そして製油所の稼動。そういう中で組合は一旦敗北した。

会社は敗北した組合に完全屈服を求めたが、組合はくじけず毎月の就労闘争・常時腕章着用などで抵抗した。解雇者12人を組合員100人でカバーする長期態勢でがんばった。8年後の78年、「組合との戦争状態をやめる」と会社。解雇者の復職や賃金差別の是正など、全面的に紛争を解決した。mage_dd_aka

労働協約が再締結され、その後は話し合いで問題を解決する労使関係できた。2000年を前後し、石油をめぐる環境変化の中で外資のエクソンとモービルは合併し、日本の関係会社であるエッソ、モービル、東燃、ゼネラルは事実上1社に統合された。旧4社が1つになり、本社などの間接部門では毎年のような早期退職募集が続いた。組合は、合併に伴う労働条件の整合化交渉や、早期退職の自由選択・強要させない協定を結ぶことで対処した。

石油業界の過剰設備問題は給油所の削減に始まり、製油所の精製能力削減そして元売り会社の合併再編に進んでいる。EMグル-プはその後、EMの撤退、自社株買いによるTGグループの誕生となった。そして現在、JXとの合併協議が始まっている。出光・昭和シェルの統合と合わせ、この業界はほぼ2つに寡占化しようとしている。

2015年千葉の極東石油工業(株)がTGに合併され、特別支部であった極東支部は今年当組合の千葉支部となった。組合創設並びにその後の争議世代が定年退職し、現在、千葉支部200人、堺支部10人で、OBが応援する体制となっている。

PAGETOP